ホワイトデー2016で職場のお返しで喜ばれるおしゃれなブランドお菓子は?

Sponsored Links

3月14日、いよいよ来週に迫った「ホワイトデー」。

本音が知りたい!喜ばれるものや欲しいものって?
男性諸君の皆様!そろそろ本腰入れて、お考えになった方が良いのではないでしょうか。
オフィスでも、昔は行事の一環として、盛んにやり取りが行われておりました。
昨今は、社内ルールで、虚礼廃止のムードも高まり、バレンタインやホワイトデーもその一環として取り込まれているところも多いようですね。

それでも、古き良き(?)伝統のあるところでは、大概は部内の若手男子が駆り出されたりして、頭を悩ます・・・。

私もパートナーのホワイトデーの贈り物に付き合わされたこと多々あります。

愛する彼女や奥様にお返しを考えていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、ここでは、オフィスなどのお返しとして、実際に検証していきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

そもそもバレンタインデーとの違いが、今やわからない!

バレンタインデーとホワイトデーを比べると、盛り上がるのはバレンタインデー。
ここ数年、「ご褒美チョコ」(自分への)、「友チョコ」、「ママ友チョコ」など、「義理チョコ」を凌ぐ勢いです。

もはや男女のイベントではなく、自分の為、女性同士のイベントと化しているかも!?
バレンタインデーに女性から男性へ、ホワイトデーに男性から女性へと、贈り物をしている人は少なくなったのかな?と思うこともあります。

デパートに行くと、ホワイトデーのポップを掲げて、頑張って売り出しているところが少なすぎます。

某デパート(関西では1番売上・実績共にNO1)のカタログを取っても、ホワイトデーのものは、バレンタインデーのものの1/3のボリュームです。

でもパンフレットを見ていると、バレンタインとの違いってなんだろう?

チョコレートも多いし、ボリュームの違いぐらいしかないんじゃないの?って感じます。

それでも!お返しは必要ですよね!

女性にあげて喜ばれるオシャレなものって?(何が欲しいんだろ?)

キャプチャdkloi8920ss1231

本題です。では実際に何をあげましょうか。
女性目線から言わせてもらうと、貰っても心理的負担にならないものですかね。

例えば、豪華な花束や、アクセサリー類、バッグなどはドン引きです。
「モノ」というのは、後に残るので、残らないものの方が気持ち良く頂けます。
こういうものは、本命にお返しで差し上げましょうね。

普段は食べられないちょっと高級なブランドお菓子

例えば、マカロン。

1個200円〜500円ぐらいまで、お店やフレーバーによって様々ですが、色合いも女性心をくすぐるし、パッケージも可愛いので、喜ばれるのではないでしょうか!

実は、バレンタインデーとの違いがわからないにも通じますが、チョコレートも人気です。

高級ブランドを見ているとパッケージが水色のような色合いが多く、でも女性受けしそうなキュートな形や柄・味が入っていたりと趣向が凝らしてあります。

チョコ好きだと分かっていれば、無難に選ぶのもアリですね!

焼き菓子も盛り合わせも受けること間違いなし。クッキーやフィナンシェ、マドレーヌなど比較的好き嫌いのないものがチョイスできるのも魅力ではないでしょうか。

ブランドとしては・・・・・

ラデュレ

ピエール・エルメ・パリ

デメル

ジャン・ポール・エヴァン

などはいかがでしょうか。

主要デパートには、常設店や催事のみの出展はあるのですが、上記のお店はオンラインでも購入可能です!

オンラインの場合、ギリギリだと間に合わないので、今すぐCheck it!

まとめ

clip_image002

いかがでしたでしょうか。

職場に女性が多い場合は、纏めてという意味で、個数が多いものを購入して、みんなで楽しみながら貰ってもらうというのもコミュニケーションの活性化にもつながります。

逆に女性が少ない場合は、個々に購入して、お返しもありですね。

誰もが知っているようなお店のものであると、サプライズ感がなくなり、せっかくのお菓子の有難味も台無しです。

今回は、敢えて、有名だけど、通なら知っているブランドを取り上げてみました。

「これどこの?」って聞かれたら、ちゃんと答えられるようにしてくださいね。

きっとあの人は「心掴んでくれてるわ!」と株が急上昇すること間違いありません!
ホワイトデーはもうすぐ!

この記事が、お役に立てますように。

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする