三菱自動車が日産の傘下になる?株価やレッズとマリノスはどうなる?

Sponsored Links

三菱自動車が日産の巨額出資により事実上傘下になるというニュースが飛び込んできました。

これは軽自動車などの分野で協力関係にある日産自動車が、燃費の不正等の問題で著しく新車販売台数が落ち込んでいる三菱自動車工業に対し、2000億円を超える巨額の出資を行い、事実上傘下に収める方向で最終調整に入ったということのようです。

これが決定すれば三菱グループの影響力は弱まり、業界再編の呼び水となる可能性も考えられます。

三菱自動車が日産の傘下に入ることによって、株価はどうなるのか?

またJリーグの浦和レッズや横浜マリノスのスポンサーはどうなるのか?

現時点での考察をしてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

三菱自動車が日産の傘下に入る経緯

ダウンロード (1)

関係者によると日産は三菱自動車が行う第三者割当増資を引き受けるという形で株式の34%を取得することの方向で最終的な調整に入ったということになっているようです。

この株式34%取得による出資額は2000億円に上る見込みであります。

こうして三菱自動車の株式の1/3を出資している三菱グループの三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行の主要3社を抜き筆頭株主となって、事実上傘下に収めるということとなるようですね。

両社は5月12日にそれぞれ取締役会を開いて、資本業務提携の交渉入りを決議するとのことです。

三菱自動車の不正を指摘した日産が、その会社を事実上の傘下にするという、そういったシナリオができていたかのような事態に驚きを隠せませんね。

日産が三菱自動車を傘下にする狙いは?

日産がこのような2000億円もの巨額の出資をしてまで三菱自動車を傘下にする狙いはどこにあるのでしょうか?

元々、日産と三菱自動車は軽自動車の商品開発を担う会社を5年ほど前に共同で設立しておりました。

そうして日産ブランドの軽自動車を三菱自動車の工場で生産しておりましたが、軽自動車の分野では協力関係にあったものの、会社本体同士の資本関係というのはありませんでした。

三菱自動車にとっては、これまでの燃費不正など数々の問題で主力の軽自動車の生産停止、国内販売が大きく激減している状態なので、日産の傘下に入ることにより、研究開発力を強化したいという狙いがあるとみられております。

一方の日産は三菱自動車がタイなどに生産拠点を置く主力市場の東南アジアの販売力を高めたいという狙いがあるのだという見方が強いようです。

三菱自動車の日産の傘下によって株価はどうなる?

日産の傘下になることによって三菱自動車の株価はどうなると予想されるでしょうか?

このニュースを見てのネットの反応です。

https://twitter.com/turboturbonori/status/730437680350158848?ref_src=twsrc%5Etfw

おおよそ「買い」の声が多いですね。

ここまで下がりきってきたので、この件で持ち直すだろうという気持ちはわかりますが、実際はどうなるのでしょうか?

今後の株の動向に注目です。

三菱自動車の日産の傘下によって浦和レッズと横浜Fマリノスのスポンサーはどうなる?

もうひとつ大きく気になるのはスポンサー問題です。

浦和レッズといえば、三菱自動車工業が元親会社で、2005年に損失補填契約を解消しまたが、現在でも50.6%の株を保有しているクラブの筆頭株主であります。

そして横浜Fマリノスといえば、日産自動車が親会社です。

仮に三菱自動車工業が日産の傘下に入ることが決まれば、一つの企業グループがJリーグという同じ分野に属する異なるクラブの親会社となりますが、そういった例はこれまでないと思いますので、そこは問題となってくるでしょう。

まさかチームの合併なんてことはないでしょうから何らかの対策や措置はあるものとは思われますが。

熱狂的で知られる浦和レッズのサポーターにとっては今後このスポンサー問題の動向が非常に気になるでしょうね。

まとめ

三菱自動車が日産の事実上の傘下になるという予想もしていなかった衝撃的なニュース。

三菱グループ会社からの支援も決まらず、先の見通しがついていない中、倒産さえ危ぶまれていた状態でしたので、三菱自動車はひとまずは落ち着くのかもしれません。

今後の三菱自動車と日産自動車、自動車業界の動向に注目です。

日産デイズや三菱ekワゴン燃費改ざんで中古価格暴落か?売却や買い取りは?
三菱の燃費改ざん不正の対象車種一覧は?デイズなど4種以外の補償はどうなる?

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする