ゴールデン街火災の飲食店はどこ?火事の原因は?

Sponsored Links

新宿ゴールデン街で午後13:30頃、大規模な家事が発生してしまいました。

このあたりは飲食店も密集している場所で被害状況などとても心配ですね。

放火の可能性も否定できません。

【追記】
警視庁は火元とみられる建物に侵入した疑いで住所不定・無職の66歳の男を逮捕。

新宿ゴールデン街
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目
アクセス:新宿東口から約400メートル。徒歩5分で到着します。

速報になりますが、私なりにわかる範囲でツイッターなど中心に情報をお伝えいたしますね。

少しでもお役に立てればと思います。

14:00の速報によると、消防車が28台ほど出動して消火活動に当たっているとのこと。

新宿歌舞伎町1丁目を中心に500件で停電が起きましたが、15:45ごろに停電は復旧した模様です。

16:00の時点ではけが人1名で、死亡者はゼロということで、人命については最小限の被害で済んでいるようです。

16:00すぎの時点で火は鎮火とのこと。ひとまず安心ですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

ゴールデン街火災の飲食店はどこ。火災状況の地図。

ゴールデン街のどのあたりで火災が発生したのか。

被害にあってしまった店舗が心配ですね。

現時点で把握できる情報です。

ツイッター情報からすると、オレンジのあたりの飲食店が火災にあってしまわれたようです。

別の情報です。

地図の角度は違いますが、だいたい同じところになっています。

上記地図でもわかるのですが、「ハニー」「ダーリン」が被害にあわれています。

情報が入り次第、更新していきます。

出張カレーリトルトリ―さま、ツイッター

お客様、店員のかたなどは無事で一安心です。

火事の状況

ゴールデン街火災の出火原因は?

現在、火災原因を突き止めているところだそうです。

かなり建物が密集している地域なので、同じような火災被害が起こらないためにも原因をしっかり突き止めておくことが必要ですね。

原因についても判明次第、追記していきます。
※追記
出火元は1949年に建てられた木造2階建て建物で1階がバーで、2階の空き店舗とみられる。

放火の可能性も?不審な男とは?

午後1時過ぎ、現場付近に設置された防犯カメラに、出火元とみられる建物のドアから男性が中に入る様子が映っていた。その数分後には外に出る様子が映っていた。男性は帽子やジャンパーを身に着けてリュックサックを背負っており、徒歩で現場を訪れていたという。火災は男性が外に出た直後の午後1時20分ごろに発生した。

空き店舗に入っていくというのが怪しいですね。

まずはこの男性の行方を追うことになるでしょう。

もし放火だとするとその目的や理由は一体なんだったのでしょう。

空き店舗はその日午前10:00から12:30まで内装業者4名も入っており、タバコの不始末なども調べている。

メンバーはタバコは吸ったけど火は消したとしています。

無職66歳を建物侵入罪で逮捕

建物内に無断侵入。

あとは、放火したかどうか。

住居不法侵入だけだと、放火とは罪が違いますので。

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする