宇多田ヒカル涙色の花束を君に歌詞のビックリ真相や意味は?視聴の感想は?

Sponsored Links

4/4とと姉ちゃんオープニング「花束を君に」で約5年半歌手活動を休んでいた宇多田ヒカルが完全復活しました!

「花束を君に」というタイトル曲だけわかっていたのですが、歌詞内容はベールに包まれていました。

花束のイメージはカラフルな明るい色をイメージしますが、なんと「涙色」の花束を君に贈ろうということでした!

「涙色」の花束ってどんな花束なんでしょうか?

「涙色」の花束という歌詞にした理由や真意はどこにあるのでしょうか?

歌詞の意味を考えてしまいますね。

そのあたり、世間の感想や反応を見ながら考察していきたいと思います!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

涙色の花束を君に歌詞のビックリ真相や意味は?

この5年間半の間に宇多田ヒカルが体験したことを言葉に集約した感じがしますね。

「始まり」は結婚や出産を意味して、「終わり」は母親の死をどうしてもイメージしてしまいます。

そして、「涙色の」花束を君にという歌詞が出てきます。

とと姉ちゃんのオープニング曲が流れているときの画面では、空から涙が降ってくるのですが(水色)、悲しさを想像せずにはいられれません。

ただ、悲しさだけでなくヒロインのとと姉ちゃん(高畑充希)は笑顔なんですね。

なので、悲しさはあるけどきっとそれを乗り越えた先に明るく楽しい未来があるというメッセージも含まれているのではないでしょうか。

私たちが想像もつかないようなビックリ真相が、いずれ宇多田ヒカル本人から聞けるかもしれませんね。

「花束を君に」の世間の感想や反応は?

ここまで涙を流せる感性は素晴らしいですね。

確かに私も5回ほど聴いていると、悲しさと温かさを共に表現できる宇多田ヒカルのすごさに感動してしまいます。

ただ、涙がでるほどにはならなかったので、まだまだ宇多田ヒカルの伝えたいメッセージが感じ取れていないのでしょうね 笑

「涙色」の花束というワードも気になる個所ですが、個人的にはこの「どんな言葉を並べても真実にはならないから」という言葉が強烈に印象に残りました。

初めて視聴した時に「えっ、何て言ったの?」と聞きとれませんでした。

2回め聴いた時もスッと聞きとれなかったんですよね。

そして3回目耳を澄まして聞いてみると、「言葉では真実を語れない」という意味ではないですか。

これにはビックリしましたね。

こんな歌詞が書けるというのは、やはり実際に宇多田ヒカルがこれまでにツラい体験をたくさんしてきて、言葉だけではすべてを語りつくせないことがあると感じているからだと思います。

だからこそ、言葉だけでなく花束を愛しい人に贈ろうと。

しかも明るい花束ではなくて、涙色の花束を贈りましょうという深いメッセージですね。

この方は、悲しみや孤独をすべて受け入れたヒッキーだからこそ、柔らかい表現ができていると感想を述べておられますね。

根底には悲しみや孤独感が消えるハズがない。

すべてを消去したのではなくて、根底には消えることなく潜んでいるけど、前を向いて花のように明るく歩いていこうといった感じでしょうか。

宇多田ヒカルがこの5年何をしていたのか詳細を知りたい方は、 宇多田ヒカルは今まで何してた?復帰した理由と今後は?の記事を読んでみてくださいね。

あっ、ヒッキープロジェクトの桜は満開になりましたね!

予想がズバリ的中しました 笑

こちらの記事で桜プロジェクトは書いていますので、良ければ読んでくださいね。

宇多田ヒカルNEW-TURNプロジェクトは何桜?植樹の被災地場所はどこ?

まとめ

image

今後、「涙色」の花束は社会現象になるかもしれません 笑

世間がこの歌詞を視聴して何を想像するのでしょうか。

人生30年、40年生きてくれば、いろいろな楽しいことやツラいことを誰しも体験します。

宇多田ヒカルは、天国と地獄を見てきた1人であることは間違いありません。

これほどの浮き沈みを体験してきたからこそ、歌声に魂が宿るのだと思います。

「とと姉ちゃん」と共に、宇多田ヒカルの活動にも大注目です!

宇多田ヒカルの花束を君に全歌詞とMV動画は?2016年紅白も決定か?

NEWS ZERO」エンディング曲はこちら

宇多田ヒカル真夏の通り雨全歌詞とPV動画は?2曲とも涙や雨を使った理由は?

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌と、日本テレビ「NEWS ZERO」エンディング曲で宇多田ヒカルがいよいよ完全復活です! 曲...
Sponsored Links

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする