おむすびシスターズがゴスペル大会で優勝!メンバーと視聴感想!【歌声動画あり】

Sponsored Links

素晴らしいニュースが飛び込んできました!

米最大級のゴスペル大会で日本人グループが優勝!

ニューヨーク在住の女性グループ「おむすびシスターズ【Omusubi Sisters】」が黒人霊歌を熱唱し、グループ部門で優勝という快挙達成です。

ゴスペルは黒人が生み出した宗教音楽ですね。

ゴスペル(Gospel music)は、アメリカ発祥の音楽の一ジャンル。元来はキリスト教プロテスタント系の宗教音楽。ゴスペルは英語で福音および福音書の意。ゴスペルソング、またゴスペル音楽(ゴスペルおんがく)ともいう。

この大会は米最大級の大会で日本人が優勝したのは6年前。

2010年に日本人合唱団がクワイヤー(合唱団)部門で優勝。

おむすびシスターズは1月に結成されたばかり。

アメリカ東海岸最大のゴスペルフェストMcdonald’s Gospel fest 2016
2万人のオーディションから選ばれグループ枠 日本人初優勝をした。

完璧ではないけど力強さを目標に練習を積み重ねてきたそう!

3人の喜びの声はこちら。

TiAさん「みんなの魂が1つになるのを感じられた。この優勝は宝物になった」

稲葉さん「大きな舞台にいつか立ちたいと思っていた。1人では絶対できなかった」

大山さん「3人でまた新しいゴスペルの歌に挑戦して、魂からの歌声を届けたい」

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

おむすびシスターズのメンバー紹介

image

左:大山実音(22)

青森市出身でダンスの専門学校生

真ん中:TiA(28)

横浜市出身の歌手

右:稲葉愛(31)

三重県松阪市出身の短大生

TIAさんは、プロの歌手なので詳細プロフィールもあります。

2004年に16歳で作詞作曲した「Every time」でメジャーデビュー。
続く2ndシングル「流星」が人気アニメ「NARUTO」の主題歌に抜擢されるなど、スマッシュヒットを連続。
1stアルバム「humming」はゴールドディスク賞に選ばれ、ネクストブレイクアーティストランキングで1位に選ばれるなど、希有な歌唱力を持つ次世代の女性シンガーとして、注目を集める。

2012年、Knife Edge移籍初となるアルバム「Love Attendant」をリリースした。1位尽くしの配信ヒット・チューンを収録した、キラキラ感満載のラヴ・ヴォーカル・アルバム。人気ブランド・Samantha Thavasaとタイアップも魅力の一枚。

2004年、16歳でデビューして以来、大人の女性となった「彼女自身」「彼女の歌」そして歌詞に込めた「彼女のメッセージ」はますます一体感を増し、生まれた作品は自然にリスナーの心にすっと溶け込んでいる。
また従来は20代~40代の男性ファンからの支持が多かったのに対し、彼女の作品と何も飾らない彼女のアーティストとしての姿勢は、10代後半~30代の幅広い女性ファンの共感を得るようになり、ライブ会場では男女問わず多くの集客を確実にしている。

2012年発売アルバム
【Love Attendant】

おむすびシスターズの歌声動画と視聴感想

まず素晴らしい歌声をお聞きください!

McDonald’s Gospel fest2016 【優勝】

一応youtubeも。

本当に力強い歌声です!

大きな会場に負けないパワーと3人の絶妙のハーモニーがよく伝わってきますね。

それにしても、この「おにぎりシスターズ」っていう名前は面白いですね!

海外とかでも反応良さそう!

いつミュージックステーションに登場するか楽しみです。

Sponsored Links

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする