藤原(佐野)さくらが歌う500マイルの歌声動画!ラブソングでカバーの評判や感想?

Sponsored Links

月9ラブソング、視聴率で大苦戦していますが、今後起死回生できる可能性も残っています。

それは、主役藤原さくらの歌唱力です!

低視聴率の原因や理由の考察はこちら。

ラブソング低視聴率はなぜ?原因や理由はキャストが福山雅治と藤原さくらだから?

Sponsored Links

ラブソングで藤原さくらがカバー(挿入歌)する500マイルの評判や感想

月9ドラマ「ラブソング」で、主人公藤原さくらが歌う「500マイル」という歌がドラマ視聴後耳から離れないという人が続出しています。

吃音を演じる藤原さくらは、普段はスモーキーボイスで大人びた歌をうたいますが、ドラマの中では吃音という役柄上まだ完全にはその歌唱力を披露していません。

にも関わらず、はじめて主人公さくらが歌ったこの曲がこんなに見る人の心を揺さぶったとなると、今後のさくらの歌唱シーンに注目が集まります。

藤原さくらの歌う500マイルとは?原曲は?

image

ドラマの中では佐野さくらと中村真美(夏帆)が地元広島で学生時代に聴いて「500マイルってどれくらいなんだろう」と語り合った思い出の曲で、親友真美の母親がよく聴いていた曲として取り上げられています。

それをさくらが普段よく聴いていて人前で披露することになります。

原曲は、半世紀以上前の曲で、1961年に発表されたアメリカの女性カントリーシンガー「へディ・ウエスト」という方の作品のようです。

アメリカの伝承曲であり、英語の教材の中に出てきたり、フォーク世代の方々に親しまれた曲のようです。

また、日本ではフォークトリオの「ピーター、ポール&マリー」のカバー曲が有名です。

さらに、最近では沢山のアーティストがカバーをしています。

500マイルの歌詞を考察?

ドラマの中でのさくらが歌った歌詞は日本語でした。

以下にその歌詞を載せてみます!

次の汽車が 駅に着いたらこの街を離れ
遠く500マイルの 見知らぬ街へ
僕は出て行く 500マイル

ひとつ ふたつ みっつ よっつ
思い出数えて 500マイル

仲間や恋人との別れを惜しんでいる感じがします。

この続きにやさしい人たちや家を離れる寂しさが表現されていますね。

帰りたい心 抑えて
抑えて 抑えて 抑えて 抑えて
悲しくなるのを 抑えて

「抑えて」が連呼されているので、かなり心の中で葛藤があることが伝わりますね。

忌野清志郎バージョンの『500マイル』動画

この歌詞は、忌野清志郎が作詞したものです。

ドラマの中で使われたのは、Leyona feat.忌野清志郎バージョンの『500マイル』のようです。

数あるカバー曲の中でも評判の高いカバーのようで一度こちらの方も聞く価値ありです!

HIS – 500miles

松たか子の500マイルカバー動画

アナ雪での歌唱が話題となった松たか子さんも500マイルをカバーしています。

カントリー調で、清らかで透き通った声質の人が歌うとより生える歌のように思います。

500 miles -Takako Matsu

ギターを多用し弾き語る藤原さくらの作風にも合わせた選曲であったともいえると思います。

藤原(佐野)さくらが歌う500マイルの歌声動画!

藤原さくらのオーディションが決まるまでの映像

福山雅治のバーター説が飛び交う藤原さくらですが、そのオーディションの模様がyoutube上にアップされ、真剣にスタッフが新人を発掘しようとしている様子が見受けられます。

演技の披露の後、歌の審査があり、のちに福山と対面し、いきなり2人で歌うことになるのですが、どの場面でもとても自然体で堂々としており、その肝の据わりようが今回起用された一因でもあることが見受けられます。

藤原さくらのおすすめ曲

藤原さくらは、「ラブソング」で話題になる前に、留学を控えた妹が英語の歌をいろいろと探していたところ、とても癒されて発音も綺麗な歌手をみつけた!と、何度も聴いていた人物です。

はじめて聴いた時は、30代くらいのベテランで、帰国子女か、海外で活動するシンガーなのかと思っていましたが、まさか、まだ20歳の新人日本シンガーとは思いませんでした。

そんな藤原さくらの才能が詰まった曲といえば、英語詞の歌だと思います。

藤原さくら「Ellie」 の動画

藤原さくら「Ellie」

まとめ

歌うシーンで使われた曲が早速話題にのぼるなど、藤原さくらの歌唱シーンは今後も注目を集めると思われます。

次は誰のカバーをするのか、あるいはオリジナルの曲を歌うのか?

ドラマで使われる曲からも今後目が離せません。

福山雅治ドラマラブソングの評判は?劣化画像にファン激怒?

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする