安室奈美恵Heroの全歌詞とPV動画!視聴感想やタイトルの意味は?

Sponsored Links

リオ五輪が近づいてきました。

NHKは早々にリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングを安室奈美恵に決定していたそうです。

曲名は「hero」(ヒーロー)!

NHKの起用理由は以下のとおり。

「人々の胸に響く力強い歌声」、女性シンガーの第一人者として「幅広い世代から支持されている」こと。

「4年に一度の大舞台に臨むアスリートの思い、それを後押しする人々の思いを素直に表現し、ダイナミックな楽曲とともに、皆様に多くの感動を与えてくれるものと期待しています」

確かに、安室奈美恵の歌声には力強さが感じられるので、ピッタリですね。

なぜ今までNHKは安室を起用しなかったのかのほうが不思議ですね。

ちなみに過去のNHKオリンピック放送テーマは以下のとおり。

1988年(夏)ソウル/浜田麻里「Heart and Soul」
1992年(冬)アルベールビル/なし
1992年(夏)バルセロナ/寺田恵子「PARADISE WIND」
1994年(冬)リレハンメル/高橋真梨子「遙かな人へ」
1996年(夏)アトランタ/大黒摩季「熱くなれ」
1998年(冬)長野/F-BLOOD「SHOOTING STAR」
2000年(夏)シドニー/ZARD「Get U’re Dream」
2002年(冬)ソルトレークシティ/MISIA「果てなく続くストーリー」
2004年(夏)アテネ/ゆず「栄光の架橋」
2006年(冬)トリノ/平原綾香「誓い」
2008年(夏)北京/Mr.Children「GIFT」
2010年 (冬) バンクーバー/L’Arc~en~Ciel「BLESS」
2012年(夏)ロンドン/いきものがかり「風が吹いている」
2014年(冬)ソチ/コブクロ「今、咲き誇る花たちよ」
2016年(夏)リオデジャネイロ/安室奈美恵「Hero」

個人的には、1996年(夏)アトランタ/大黒摩季「熱くなれ」と、2004年(夏)アテネ/ゆず「栄光の架橋」が一番印象に残っています。

特に、鉄棒で金メダルをとった名シーン、「栄光への架橋だ〜!」は鮮明に思い出されますね。

これですね!

この動画を知らない人はいないのではないでしょうか 笑

もう12年も前の話なので、高校生くらいの子は知らないかもしれませんね。

ぜひ、見て欲しい映像です!

話が脱線してしまいましたが、リオ五輪の安室奈美恵は楽しみです。

安室はアスリートの方へ「ぜひ、リオで輝いてください。私たちはいつも応援しています」というエールを選手に贈っています!

image

アーガイルバイオレットダイヤの価格や色味は?超希少画像!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

安室奈美恵Heroの全歌詞とPV動画!視聴感想やタイトルの意味は?

安室奈美恵Heroの全歌詞とPV動画!CD発売は?

歌手:安室奈美恵

作詞:今井 了介
作曲:SUNNY BOY

まだ、公式からPV動画はあがっておりませんが、下記でお楽しみくださいね。

また、追記しています!

視聴感想やタイトルの意味は?

https://twitter.com/amur1019/status/712833216109875201

すでに体操、全日本選手権や水泳・日本選手権でテーマソングが流れたのですが、反応は上々だったとのこと。

タイトルもシンプルでわかりやすいですね。

ひたむきに競技に打ち込むアスリートたちへの“人間賛歌”であり、その姿に明日への希望を見いだす人々への“応援ソング”

という意味が込められているそうです。

選手もヒーローだけど、応援する人ひとりひとりがヒーローということですね。

まとめ

NHKはがんばっていますね。

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」主題歌に宇多田ヒカルをチョイス。

大当たりとなっています。

そしてリオ五輪テーマソングに幅広いファン層を持つ安室奈美恵を抜擢。

音楽のもつパワーを最大限にTV制作に取り入れようとする努力がすごく伝わってきます!

リオ五輪の中継やニュースをどこのTV局で観ようかと悩んだときに、何となく安室の声を聴きたいって思うことは間違いありません。

今夏に選手の活躍とともに安室の声が日本中に響き渡ることを楽しみにしたいと思います!

Sponsored Links

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする