24時間テレビ2016マラソンランナーは誰?決定の裏事情といつ発表なのか?

Sponsored Links

24hTVのマラソンランナーは昨年のDAIGOのようにマスコミで話題になっているランナーが選ばれています。

毎回原則的には100Kmという無謀な距離に挑戦させるのは「チャリティー」というよりも「罪滅ぼし」とも見えます。

私の個人的考えとして、昨年末から今年前半で負のイメージでマスコミ界をにぎわせたベッキー、乙武洋匡、賭博の高木京投手、同じく不法賭博の田児、桃田選手の敗者復活のための「みそぎ」の奉仕が良いと思います。

image

この思いはかなわないでも、24時間テレビの100Kmマラソンランナーには夢を見たいと思います。

このランナーの決定はリオデジャネイロ五輪に負けない企画にして欲しいものです。

この100Kmマラソンの「やらせ疑惑」、巨大なお金の使い道などに関する噂に対して、私の希望的な提案などを解説します。

Sponsored Links

24時間テレビ2016のマラソンランナーの個人的希望!

マラソンランナーにはテレビ番組で、その時々でマスコミで話題になっている芸能人を起用することが多いですね。

チャリティーで多くのトレーニングをしますが、素人の方が真夏に24時間で100Kmを走りぬくというのは大変なことだと思います。

そのために今年負のイメージでにぎわせたベッキーと乙武洋匡が一緒にマラソンを走るための訓練で苦労する姿をドキュメンタリーで放送しながら、二人で手をつないでゴールするというのは最高だと思います 笑

image

今年スポーツ界をにぎわせているプロ野球の賭博と不法賭博のバドミントンの桃田・田児選手にも選手復活への誓いのために、厳しいトレーニングのドキュメンタリーで国民の免罪符をえるという100Kmマラソン企画がおもしろいと思います。

これらのランナーには高額のギャラを支払い、安倍総理に待機児童解消などの「社会福祉基金」を提案し、ランナーから寄付すれば、国民からも民進党の山尾政調会長からも喜ばれると思うのですが、どうでしょうか。

24時間テレビ2016のマラソンランナーの予想!

24時間テレビ2016のマラソンランナーにはジャニーズ事務所の若手という予想がされています。

ある予想サイトによる投票では、上田竜也、亀梨和也、平野紫耀、山田涼介、岡本圭人、中丸雄一などのジャニーズ事務所メンバーが上位を占めています。

女性では真山りかや同じスターダスト事務所のももいろクローバーZとその中の百田夏菜子も比較的上位に予想されています。

私の好きな和楽器バンドの名前もあります。

image

私の予想したベッキーの名前もありました。

また以前フライデーで熱愛が報じられた岡本圭人と有村架純のコンビは面白いかもしれません。

いずれにしても日本テレビと有効な関係のある事務所、タレントが選ばれるはずです。

それを楽しみに踊らされている私たちはなんだろうと考えてしまいます。

24時間テレビ2016のマラソンランナーの決定&発表はいつ?

24時間テレビの今年の司会は4月1日にジャニーズ事務所のNEWSに決定しました。

今年は7月に参議院選挙、8月にはリオデジャネイロオリンピックが行われます。

こうしたイベントが目白押しの今年はなんとしても24時間テレビの話題作りが必要になります。

そのためにはマラソンランナーを早めに決定し公開するのが必要です。

昨年のDAIGOさんの決定は5月26日でしたが、北川景子さんとの結婚という話題がありました。

今年はそれと同じくらいのインパクトのあるランナーの決定をゴールデンウィーク明けに発表するのが良いと思います。

リオデジャネイロオリンピックへの準備をする代表選手たちの様子と重ねて、トレーニングのドキュメンタリー番組を制作することも重要でしょう。

5月10日から20日の間の24時間テレビの特別番組で発表されるだろうと予測します。

100Kmマラソン企画について思うこと

image

100Kmマラソンでは本当に素人のランナーがすべての距離を走り切ったのかとか、なぜ番組の終了時刻にゴールするのかという「やらせ」疑惑がありますが、番組の中での感激のゴールシーンは最高です。

マラソンルートが公表された間寛平の最初のマラソンでは沿道に観客が集まりすぎで、途中で打ち切りになりました。

こうした懸念を払しょくするためには、衆人環視の中で行うのが最高だと思います。

そのためには東京ドームのようなグランドの中で、24時間の間に何周できるのかを、きちんと休息をとりながら行うのもいいですね。

スタンドに多くの観客を集めて、日本テレビのスタジオと全国各地とのやり取りを大型ビジョンで見たいものです。

選ばれたランナーだけでなく、応募で選定した観客代表もランナーの休息の間にリレーマラソンでつなぐとすれば、より多くの感動をもらえると思います。

これまでのやり方を見直して、番組の中で確実に終わり、距離は100Kmではなくなりますが、どこまで伸ばせるのか、「やらせ疑惑」からも解放されるアイデアとしておすすめです。

100Kmマラソン企画で動く巨額な金について思うこと

image

24時間テレビは「チャリティー」という性格から、番組を後援するスポンサーは多いと思います。

そのCM収入は20億円以上なのに番組の制作経費は4-5億円と聞いています。

またチャリティー募金も4億円前後です。

マラソンランナーだけでなく、ランナーを指導する佐々木コーチ、番組の司会の方たちにも通常よりも多くのギャラが払われているようです。

そのために国民への「チャリティー」というよりも、「日本テレビ救済」との噂もあります。

「チャリティー番組」なので、CM収入、番組制作経費(含むギャラ)なども公開にする!

「チャリティー募金」だけで得られたお金とこれらの番組収益も、「社会福祉基金」とするとさらに多くの国民の支持が得られることになります。

まとめ

24時間テレビのマラソンランナーにはマスコミで話題の人を取り上げているので、100Kmというかなり無謀な距離を何とか走りきるというのに多くの感動があります。

私は負の話題の人をランナーに採用して、その人たちの敗者復活の機会にするのがよいと思います。

今回は参議院選挙、リオデジャネイロオリンピックなどと競合しそうなので、100Kmマラソンでも新しい取り組みをし、「やらせ疑惑」をはらし、多くの「チャリティー基金」が集まる番組になればととても期待しています。

24時間テレビ歴代マラソンランナーの年齢とギャラは?やらせ疑惑は?

私は24hテレビで昨年DAIGOが北川景子さんとの結婚を報告する様子を感激してみていました。 このようにマスコミで話題になって...

今回の記事はここまでです。
いかがだったでしょうか?

何かしら情報がお役に立てましたら嬉しく思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする